犯罪被害にあわれた方とそのご家族、支援するこころの専門家のために

アクセシビリティ確保

文字サイズ 小中大    背景色・文字色の変更 標準黒黄色

トピックス

刑法改正について

 2017年7月13日に「刑法の一部を改正する法律」が施行され、性犯罪に関する規定が大きく変わりました。改正のポイントは以下の5点です。

葉っぱのイラスト

  1. 強姦罪の名称が「強制性交等罪」に
  2. 「監護者わいせつ罪」、「監護者強制性交等罪」の新設
  3. 法定刑の下限を引き上げ
  4. 「親告罪」規定を削除
  5. 「強盗強姦罪」の見直し

1.強姦罪の名称が「強制性交等罪」に

 従来の刑法では「暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した」場合に強姦罪が成立するとされていましたが、今回の改正により「姦淫」という点が、「性交、肛門性交又は口腔性交」に改められました。強姦罪は「強制性交等罪」という名称に変わり、性交だけでなく、それに類似する行為も罰則の対象となります。さらに「十三歳以上の女子」は「十三歳以上の者」に変更され、被害者の性別は問われなくなりました。

葉っぱのイラスト

2.「監護者わいせつ罪」、「監護者強制性交等罪」の新設

 新刑法には「監護者わいせつ罪」および「監護者強制性交等罪」が新たに設けられ、親などの「監護者」が18歳未満の者に対してわいせつな行為、性交等を行った場合は、暴行や脅迫を用いなくとも、強制わいせつ罪や強制性交等罪と同様に処罰されることが定められました。

3.法定刑の下限を引き上げ

 「強姦罪」では、その法定刑の下限は懲役3年とされていましたが、今回の改正により「強制性交等罪」の法定刑の下限は懲役5年に引き上げられました。また、「強制性交等罪」および「監護者性交等罪」によって人を死傷させた場合の法定刑は、無期又は6年以上の懲役に変更されました。

葉っぱのイラスト

4.「親告罪」規定を削除

 旧刑法では、強姦罪や強制わいせつ罪は「親告罪」であり、告訴がなければ加害者を起訴することはできませんでした。しかし、今回の改正によりこの規定は削除されました。また、施行前の事件でも原則として非親告罪として取り扱うこととされています。

5.「強盗強姦罪」の見直し

 旧刑法における「強盗強姦罪」の規定では、「強盗が女子を強姦したとき」とされていましたが、今回の改正により強盗行為と強姦の前後関係は問われなくなりました。新刑法では「強盗・強制性交等罪」に名称が改められ、無期又は7年以上の懲役と定められています。

木のイラスト

ページの冒頭へ

前のページへ

スマートデバイス用資料バナー